新型プリウス 値引き

新型プリウス 値引き

2015年12月9日に発売となった新型プリウス(4代目)ですが、どれくらいの値引きが期待できるんでしょうか?
新型プリウスは発売したばかりなので値引き額は、いいとこ「5万円」が新型プリウスの値引き相場だそうです。そりゃそうですよね、北米のモーターショーで新型プリウスを初公開依頼人気ですからね、新型プリウスは値引きなんかしなくても売れる?ような状況です。そんな時、販売員に値引き交渉をしても軽く受け流され、値引き額は5万円で打ち止めになるのがおちです。
そんな新型プリウスの値引きに労力を使うよりも、次に紹介する方法で、購入総額を安く(値引きしてもらったのと同じ)できる可能性があるんです。

・下取りより買い取り

一般には、今乗っている車があれば、下取りに出しますね。この下取りが曲者です。販売員はこの下取り額を操作して、いかにも新型プリウスの購入価格から多く値引きしたように見せる営業テクニックを使います。詳しくは書きませんが、値引き交渉して販売会社に下取りに出すよりも、買取業者に買い取らせるほうが、高く売れる場合が多いようです。
買取業者が高く買い取れるのは、買い取った車の販路をより多く確保できているからです。また、買取業者にも得意な車種とかがありますので、複数の買取業者に見積もらせるのがいいようです。これで、あなたの愛車を一番高く買ってくれるところに売ればいいんです。ですから、値引き交渉だけでなく買い取り業者も賢く利用すれば、購入総額を数十万安くすることができます。
下に紹介している買取業者は、販売会社の下取り額よりも「40万」高く売ることができたという実例が載っています(下取りより40万値引きしてもらったことと同じになりますね)。

 

  ⇒ かんたん車査定ガイド

 

また、下の一括無料査定サービスを利用すると、業者自身は競合他社がいることがわかっているので、無駄に安い価格を出すようなことはしません(負けるるのがわかっているので)。
見積もってもらうための入力が簡単で、多くの買取業者に見積り依頼ができるサービスをまとめました。
(最後に見積もりは無料なんで、それに営業電話がバンバンかかってくるようなことはありませんので気軽にトライして見てください)  

1位 かんたん車査定ガイド

 

公式サイトはこちら

見積もりのための入力が約45秒
入力完了後すぐに概算の査定額が表示される
運営会社は東証一部上場企業「エイチーム」
提携買い取り業者は「JADRI(日本自動車流通研究会)」加盟しているので安心。

公式サイトはこちら

2位 ズバッと車買取比較

 

公式サイトはこちら

全国の150社からの絞り込んで最大10社に一括無料見積依頼できます
運営会社は「ウェブクルー」
電話相談可能なカスタマーセンターがあります

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー

 

公式サイトはこちら

運営会社は「リクルート」
事前に知りたいことや疑問解決などのFAQ関連情報が充実してます

公式サイトはこちら

新型プリウス 値引き 2016

新型プリウスは、トヨタ系販売会社全社(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)で取り扱っています。同じトヨタ系でも販売会社はフランチャイズ方式(資本が違う)なので、同じ新型プリウスを販売していてもライバル会社ということになります。
ですので、新型プリウス購入時の販売会社オプションは、各社独自の値引きが可能です。値引きの上限額は販売会社ごとに違います。言葉は悪いですが、この競合販売会社で値引き合戦させるのです。新型プリウスの本体以外にオプションの値引きを多くすることも、購入総額を安くする一つのテクニックです。  

さらに2016年に入ったら、値引き額が徐々に拡大することが予想されます。あとは、「値引き交渉」と「下取りより買取」のコンビで攻めて新型プリウスをゲットましょう

新型プリウス 納期

2015年12月9日発売の新型プリウス。
様々なメディアで取り上げられ人気の高さがうかがえる新型プリウスですが、12月時点での先行予約の台数は国内で5万台を突破したとのことです。

新型プリウス発表直後(9月中に予約した人)で納期3か月待ちだったそうです。まだ生産ラインの稼働が始まってない状態ですので、あまり確かではありませんが。最近のトヨタの人気車種では半年待ちとかはザラのようですので、新型プリウスを気に入ったら、値引き交渉より買い取り業者をうまく使ってできるだけ安く購入しましょう。

 12月9日の時点での、トヨタ自動車のホームページに掲載された内容では、新型プリウスの納期は3~4か月とのことです。これは生産台数が多いSシリーズのことで、上級グレードのAシリーズでは4~5か月と発表されていました。いずれにしても、半年近く待つ場合もあるような状態になってきてます。ですので、購入を検討している人は、早く販売店に行って予約しないと始まりませんね。2016年になると少しは販売価格もこなれてきて、新型プリウスを大きく値引きを期待できるようになるかもしれませんね。いずれにしても新型プリウスを早く手に入れたければ、早く予約しないといけないようです。

 新型プリウスを購入するとき愛車の価値を知っておいて値引き交渉に役立てましょう

 ⇒ かんたん車査定ガイド

 

新型プリウス ナビ 値引き

新型プリウスはトヨタ自動車の販売会社全店で取り扱っているので、販売店独自のオプションで、新型プリウス購入の総額を安くすることも可能です。販売店が違えばライバル会社ですから、そこで新型プリウスの価格や値引き競争をさせればいいですね。販売店オプションで、価格が比較的高いものにナビが有ります。このナビの価格を含めて新型プリウスの値引き交渉するのも一つのテクニックです。

あとは、あなたと販売員の新型プリウスの値引き交渉合戦ですね。そして1日も早く新型プリウスのオーナーになって、素敵な人を助手席に乗せてドライブを楽しんでください。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

新型プリウス エアロ 値引き

新型プリウス購入時の販売店オプションとして、価格の高いものとしてエアロパーツ(特に足回りのアルミホイールやタイヤ)があります。オプション製品として他と同じ値引き率でも、大きく価格に跳ね返ってきます。

これらも値引きの対象となりますので、結果的に大きく値引きしてもらった満足感が得られるのではないでしょうか?